油脂・化成品類サービスOil Fat and Chemical Transport

関西屈指のファシリティを有し、
油脂・化成品類の海陸輸送体制を確立。

食品や医薬品などに幅広く活用される油脂類の取扱いに当社は早くから注力してまいりました。徹底した品質管理のもと、パーム油などの植物油脂をはじめ、動物油脂、粗製トール油、液体ケミカル類の保管及び海陸の輸送を行っています。

動物・植物油脂類専用のタンクヤードを拡充。

関西では数少ない動物油脂と植物油脂の双方を取り扱える専用タンク9基(1基:399KL)を神戸市東灘区に配置し、小ロット・多品種化に対応した保管を実現しました。また自社の陸上輸送部門により、スムーズな入出庫、陸上輸送へとつなぐことができ、工場などへの輸送も迅速、安全確実に行います。

油脂・化成品類の海上輸送

海上輸送は、自社が運航する4隻(総船腹量3,600トン。詳細は下表のとおり)の内航ケミカルタンカーにより、北は北海道・釧路港から南は鹿児島・谷山港まで運航することができます。

  所属船
船名 第8ニッケル丸 第21ニッケル丸 海栄丸 光曄丸
航行区域 JG沿海 JG沿海 JG沿海 JG沿海
載貨トン数 1,199.00 1,199.00 826.24 1,199.00
総トン数    498.00    497.00 351.00    498.00
全長(m)      64.46      64.33    52.90      64.80
喫水(m)        4.21        4.27      3.65        4.70
タンク材質 SUS304 SUS304 SUS304 SUS304
タンク容量(m3)   1,204.860   1,204.595    659.976   1,229.973
ポンプ能力 300m3/h×2 300m3/h×2 300m3/h×2 300m3/h×2
デリバリー口径 6インチ 6インチ 4インチ 6インチ
主機関 阪神 1,000PS 阪神 1,000PS 阪神 1,000PS 阪神 1,000PS
加熱装置 三浦 2,000kgh 三浦 2,000kgh 三浦 1,600kgh 三浦 2,000kgh
IMOタイプ
竣工 平成21年3月 平成14年5月 平成23年5月 平成20年12月

■ 事業のあゆみ

1954年(昭和29)9月より、油槽艀による牛脂、魚油、植物油等のメーカー工場への回漕業務を開始し、現在ではパーム油等の植物油脂及び粗製トール油、液体ケミカル類の輸送を油槽船(ケミカルタンカー)4隻3,600トンの船腹量により月間約2万トンを取扱い、お客様にも高い評価を頂いております。また、昨今の輸送貨物の高品質、多品種化に伴い、ステンレス製ケミカルタンカー(IMOタイプⅡ)仕様船(全4隻)を配備し、油脂類より化学品類までお客様の幅広いニーズに応じられるようになりました。尚、2009年(平成21)にはリプレース(代替船建造)を行い船隊も最新鋭化され、輸送業務も北は北海道:釧路、南は九州:鹿児島までの全国展開を行っております。

1966年(昭和41)7月には油槽船の輸送効率化を目的に、神戸第2工区に油脂類貯蔵タンク〔現在:9基(1基:399KL)〕を建設、このタンクの稼動により海陸一貫輸送体制を確立し、サービスの向上を図っております。