NICKEL&LYONS,LTD 業務案内

港湾運送事業

昭和38年6月港湾運送事業法に基く無限定1種(一般港湾運送事業)、2種(船内荷役事業)、4種(沿岸荷役事業)の免許を受け、昭和43年には港運事業部(直営船内沿岸荷役業)を新設し、常傭作業員による船内並びに沿岸荷役業を営み業界に於ける基盤を固め、神戸港に於いては名実共に屈指の港湾運送業者として発展を遂げました。

又近代の輸送革新による外航船社のコンテナサービス業務開始に伴い、いち早く摩耶埠頭内にてコンテナターミナル並にコンテナ・フレイト・ステーションを開設し時代の変化に常に意欲的に取り組んで参りました。

更には昭和51年2月1日よりポートアイランドライナーバース7号の専用使用を開始、接岸本船直結のコンテナを含む輸出入貨物一貫輸送へと力を注いで参りました。

昭和63年4月1日には手狭になったライナーバース7号からより上屋面積の広い12号に移転し、得意先各位のご要望にお応えすべく努力を重ねております。

▲このページのTOPへ

Copyright(c) NICKEL & LYONS,LTD. All rights Reserved